公務員扱いの看護師が行なっている副業の実際

法律的問題でもあるが、この御時世副業なしでは生活できない職業も多くある。
公務員扱いの国立、共済系などの看護師も副業をしている人が多くいるのが事実である。
税金対策などに困らないよう確定申告を免れる方法も良く知っている看護師が多い。
しかし、日本経済の多額の税金支払い、業務に比した給料の安さなどを思うと、
公務員扱いの看護師が副業を行う気持ちもわかる気がする。
高齢化社会となり、看護師不足が謳われる中、公務員といえど給料は格安なのだ。

では、公務員扱いでない看護師の給料はどれくらい安いのだろう。
例えば済生会などはもっと過酷な勤務で、残業もろくに付かず、
準国家公務員と歌われ国家公務員の給料が下がれば同じように下げられる。
それでは、副業でもしないと生活が成り立たないというのが現状である。
それくらい、国家公務員の看護師の副業やその他の病院の看護師の副業はありふれているのだ。
国はもっとこの現状を知るべきである。
国家公務員の看護師だけでなく、副業はどんな職種でもありふれている。

普通のサラリーマンでも仕事終わり、
コンビニでバイトしたり工事現場でバイトしたりと家庭を顧みず仕事をしなければ、
家族や子供を養っていけないのが今の日本経済の現状だ。
一番お金が必要な世代は、税金の支払いに追われ、
いざ自分が年金をもらうころには日本経済は破綻しているだろう。
そう考えると副業もバカバカしいが、国家公務員の看護師の副業に限らず、
労働世代の全国民が副業を考えていると思う。
国家公務員の看護師が副業すれば、警察沙汰になる。
しかし、生活を守るためにそうはいっていられない。
政治家たちは、それを理解する必要がある。

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る